このページでは歴史(主に古代中国・戦国時代)についてやガンプラ初心者の管理人によるガンプラ製作記を書いていきます。

2017/06 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/08

2017/06 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/08

2017/06 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/08

2017/06 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/08

2017/06 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/08

2017/06 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017/08

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『完璧』

知ってのとおり「大事なことを成し遂げる、欠点がまったくないこと」という意味ですが、なぜ『璧』という字使われているのでしょうか。
実はちゃんと意味があるんです。

気になった人はつづきをどうぞ。雑学が1つ増えますよ。
昔、中国に『趙』という国がありました。
その国には「和氏の璧」と言う宝石がありました。
それを当時中国で最強の国『秦』の国の王が欲しがりました。
そこで秦の国の王は秦の15の城とその壁との交換を申し入れました。
秦は今までも何回も約束を破っていたので趙王は信用しませんでした。
しかし秦は大国なので報復を恐れて拒否することは困難でした。
そのとき大臣の一人が
「私の部下の藺相如ならばこの難局を乗り切れるかもしれない」
と言いました。
さっそく趙王は藺相如を呼び
王「どうすればいいか」
藺「交換に応じるしかありません」
王「しかし秦が約束を守るはずがないだろう」
藺「では私が行き、壁と15城を交換してきましょう。もし秦が約束を守ろうとしなければ壁を持って帰ってきます。」

そして藺相如は秦に行き秦王と対面して壁を渡しました。
しかし秦王は周りの者に自慢するばかりで城の交換のことなどすっかり忘れてました。
そこで藺相如は
「その壁にはキズがあります」
と言って近づき秦王から壁を取り上げ、怒りの形相で
「趙王は私を使者として遣わして秦に敬意をあらわしているのに、秦王は壁を見せびらかすだけで約束のことなど忘れている。そんな無礼があろうか」
と言い捨て壁を叩き割ろうとしました。

(このときの藺相如は怒りで髪が逆立ち、髪が冠を突き刺し天をついているようであったため
史書では『怒髪、天をつく』と記されました。)

驚いた秦王は非礼を詫び地図を持ってこさしたが、適当に15の城を選び
「この15城と交換しよう」
と言ったので、藺相如は約束は守られないと悟りその場を一度下がり部下に壁を渡し趙に届けさせました。

次の日に秦王は藺相如が壁を秦に帰したことを知り怒りましたが、藺相如の勇気に敬意を表して許し趙に帰らせました。
そしてその後趙を報復することもありませんでした。

そのことは歴史書に「完璧而帰」(壁を損なうことなく全うして帰る)と書かれ
そこから「完璧」が現在の意味の
『大事なことを成し遂げる、欠点がない』
という意味になりました。



この藺相如と言う人は好きな人物の一人です。
この人がらみの故事成語も「完璧」「怒髪天をつく」などあることから相当な人物だったことは確かです。
実はこの人にはもう1つ「刎頚の仲」(お互いのためなら首を切られてもかまわないほどの仲)という言葉が出来た出来事にかかわりがある人なのですが
それはまた後ほど。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hakukei.blog24.fc2.com/tb.php/47-27a08141
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。